コインパーキングを上手く利用する方法

コインパーキングは、全国にそのエリアを拡大し、都市部の駅前ターミナルから地方まで様々なコインパーキングの形態があり、入り口と出口に遮断機と料金精算機を配置し、料金支払いを終えると遮断機が上がる仕組みのものや、自動車を停車位置に配置すると地面に埋没された車止めが上がってタイヤとタイヤの間に配置され、料金支払いを所定の位置で行わなければ、車止めが下がらないシステムであったり、都市部などでは、人が出入り口に配置され、料金の授受が行われるなど様々なスタイルのコインパーキングがあります。多くのコインパーキングは、無人化されており、これは、コストを抑える意味で無人化されていることが多く、地方のパーキングでは、無人化されていることにより、駐車料料金も低く設定されています。現在は、コインパーキングを運営する企業により、全国で活用されていない空き地などを所有するオーナーに土地活用の側面から、土地を借り上げることが勧められており、賃貸借契約を結び、ある一定の家賃としてオーナーが受けとる仕組みを持ちます。駐車場として貸す場合、個々の契約者と賃貸借契約を結び、駐車場経営をすることの方が収入面では良いのでしょうが、手間や空きが出来たときにリスクが生じたり、不動産業者に支払う仲介手数料も馬鹿にはならないでしょう。

オーナーからすれば安くても確実な家賃が入るのでメリットが高いです。利用者も、契約により毎月高い駐車場賃料として払うより、時間貸しの方が安く済むこともあります。提携先があれば利用によりサービスもあり、また、夜間は低い一定の固定料金で貸すこともありますので上手く借りることで費用を抑えることが可能となります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする