自走式駐車場と立体式駐車場の比較

駐車場には、自走式駐車場と立体式駐車場の主に2つのタイプに分けることができます。建築スペースが狭い場合は、効率よくクルマを収容するために立体式駐車場が選ばれることが多く、ある程度の建築スペースが確保できる場合は、維持費が安い自走式駐車場のほうが有利になります。駐車場の利用者にとっては、どちらの駐車場にもメリットとデメリットがあります。自走式駐車場のメリットは収容台数が多く、立体駐車場のように駐車場前に列を作って並ぶことがありません。

また自分の好きな場所にクルマを駐車させることができます。しかし、隣や前後のクルマと接触してしまったり、柱にこすってしまったり、大きな駐車場になると、どこにクルマをとめたのかわからなくなってしまうということもあります。なお自走式駐車場にはスロープの構造や駐車スペースの構造によっていくつかの種類に分けられます。それに対して、立体式駐車場の場合は、隣の他のクルマと接触するというトラブルを回避することができます。

自分で駐車スペースを探す必要もありません。また雨や直射日光を遮ってくれるので、炎天下の日や大雨の日など、メリットを感じることが多いです。ただし、収容台数が自走式駐車場と比べると少ないことが多く、また車高の高さ車幅の制限があるので車高の高いクルマや車幅の広いクルマは駐車できないこともあります。また、混雑しているときは路上に長い行列ができてしまうこともあります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする