自走式駐車場とはどんな駐車場か

地下を含めて2フロア以上に駐車スペースがある駐車場は、機械式駐車場と自走式駐車場に分類されます。機械式駐車場は、複数階で入口に車を止めると、機械が車を空いたスペースまで運び駐車してくれます。自走式駐車場は、自分で車を運転して、空いているスペースに駐車します。1階だての駐車場は平置駐車場と呼びます。

自走式駐車場は、最も基本的で各駐車階をスロープで連結したフラットタイプ、駐車階をそれぞれ半階分ずつずらし、互い違いに組み合わせたスキップタイプ、床全体を緩い勾配で傾斜させ、昇降のためのスロープを駐車スペースに兼用した連続傾床タイプの3種類があります。フラットタイプは、駐車上のスロープ勾配は17%以下と規定されているため、長さが19m以上と幅の広い敷地が必要になります。スキップタイプはスロープで半階分だけ上がるため、スロープの長さを短くでき、幅狭い敷地に適しています。連続傾床タイプはスロープが不要なため、駐車スペースの効率が良いです。

自走駐車場は、屋上を除いて、屋根があるため、雨風や太陽光による車の劣化を防げます。しかし、スロープを使っているため、車高の低い車はスロープから平地にうつる際、車の底を擦るリスクがあります。また、重量や車の高さ制限があることにも注意が必要です。これらは、駐車場ごとに異なるため、他でいけたらから大丈夫とは限りません。

また、収容されている台数が多いため、車の隙間から人がでてくるなど、運転にも注意が必要です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする