用途に合わせて利用したい自走式駐車場

高級車であろうと軽トラックだろうと、駐車スペースは必須です。とくに国内では、車庫証明がないと購入することさえできません。公共の交通機関が発達しているところばかりではなく、今後も生活の足として車は欠かせない存在です。ただ、土地には限りがあり、建物が密集している場所では、スペースの取り合いが発生しています。

それを解決するものとして、自走式駐車場が各地に建てられるようになりました。こうした形態は2階建て以上の建物に、停められるスペースが設けられていることが一般的です。商業施設になると、大型ビル程度の自走式駐車場を併設していることも多く、祝日などはそれでも満杯になります。他にも、地階を利用してスペースを確保しているところもあり、場所が狭いビル街でも安心です。

自走式駐車場を契約する際には、自分の用途と希望する賃料を合わせて考慮することが求められます。高層の自走式駐車場ならば、高い場所にスペースがあるほど、月額料金も安くなるのが通例です。ただしエレベーターがないと、昇り降りにも苦労を伴います。地下にある駐車場は、セキュリティ面にも気を配られていますので、高級車の保管にも最適です。

もちろん賃料は比較的高くなり、洪水時の浸水対策がなされているかもポイントになります。まずは専用の検索サイトなどを活用して、じっくりと情報を吟味することが重要です。自走式駐車場を契約して、大切な愛車を守っていきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする