自走式駐車場とはどのようなものか

平面駐車場では多数の車を駐車するには広い土地を確保しなければならないため費用が高くなります。効率良く土地を活用できるようにしたものが立体駐車場であり、その中でも機械を使用せずに運転によって指定された位置まで車を移動される方式のものが自走式駐車場です。誰でも使いやすく、機械の操作ミスで事故が起きる心配もありません。メンテナンスにかかる費用も少なく、長期的な運用に適しています。

自走式駐車場のデメリットとしては運転で階層を移動するためのスロープが必要になり、構造によって必要な幅は異なってきますが、ある程度の広さがなければ利用できません。また、運転して移動させるので運転ミスで駐車場内で事故が起きる可能性があり、台数を優先して駐車スペースの間隔を狭くしてしまうと使いにくくなってしまうので台数と安全性のどちらを優先するか検討しなければなりません。自走式駐車場は立体駐車場ですが、複数の階層に駐車するものだけでなく、建物の地下や屋上などに作ることもあります。構造としては基本となるスロープと駐車スペースが分離しており、1階層ずつ上がっていくフラット式、半階層で組み合わせてスロープを短くできるようにしたスキップ式、全体に傾斜を付けることで駐車スペースとスロープを一体化させた連続傾床式などがあります。

それぞれ必要になる土地の幅や駐車効率、使いやすさに違いがあるため、利用できる土地の広さと利用対象によって適切な形式を選びます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする