自走式駐車場の種類について

駐車場の分類には、大きく、自走式駐車場と機械式駐車場の2つがあります。さらに種類にはいくつかのタイプがあり、自走式駐車場に関しては、平面駐車場と立体駐車場の2つの形があります。自走式駐車場とは、機械式駐車設備を使わず、自動車を運転して出入りをする駐車場のことを指します。自走式平面駐車場は最も一般的であり、様々な形を持つことが特徴の1つになります。

例えば、構造面で見た場合にはアスファルト舗装やコンクリート仕上げがあり、中には、砂利が敷かれていたり土のままのケースもあります。また、場所に関しても駐車場専用の敷地や施設の一角があり、セキュリティ面においても対策がなされていない場合や、カードなどによる出入り、車ごとにロック板がついたものもあります。平面のメリットは、車の出し入れに余計や手間がかからないことや、屋根が無いことも多いことから車の高さ制限がないこと、重量制限がないことがあります。また、本来の目的の他に車を荷物置場としても利用できることがあり、洗車などができることもメリットとなります。

一方デメリットには更地の場合には車へのダメージがあり、セキュリティ面でも不利な形となります。自走式立体駐車場はショッピングセンターや駅前などでよく見ることができ、特徴としては広い敷地が必要となることや、初期投資が大きくかかることがあります。メリットはなんといってもセキュリティ面で安心できる点があり、屋内となるために車へのダメージも避けることができます。反面、階数によっては出し入れに時間がかることがデメリットとしてあり、他にも、都市部などでは1階の料金が最も高くなるなど、使い勝手によって駐車料金が変わること難点となります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする