コインパーキングを経営する利点とは

都会の駅周辺などでは、慢性的な駐車場不足ですから、時間貸しの駐車場はかなり有望な不動産投資です。有人の駐車場は人件費等の経費が嵩みますので、無人のコインパーキングが駐車場経営としては有利です。コインパーキングを経営するには、土地があって、そこに駐車施設を設置するだけで済みます。土地の立地さえ良ければ、後は、ほぼ何もしなくても売上が発生しますので、不動産投資としては面倒が少ないのが利点です。

もし、土地を持っていない人がコインパーキングの経営をしたい時には、駐車場の需要がある有望な土地を購入するか借りることで可能になります。また、駐車場施設も自己資金で設置できない時には、ローンでお金を借りるか、またはリースで済ませることもできます。土地の広さと駐車できる車の台数の関係は、土地の形状にもよりますが、1台当たり6坪から10坪程度となります。関東圏の周辺都市近隣で見てみますと、50坪で6台から8台程度駐められるコインパーキングがつくれます。

売上が年間500万円程度としますと、自分の土地で、初期投資も自己資金の場合には、利益率は8、9割とかなり有望です。また、土地を借りて、駐車場施設もリースの場合には、費用が嵩みますので利益率は5割程度まで下がります。コインパーキングを順調に経営する要点は、1にも2にも立地です。言い換えますと、安定した売上が期待できる土地があるのでしたら、お金を借りて始めても充分元がとれるのが、この商売の特徴です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする