機械式駐車場の一番上の特徴

住まいで重要になってくることと言えば駐車場です。駐車場と言うのは千差万別であり、道路からの距離、建物からの距離、1台分のスペースの幅など、色々なタイプがあるもので、それによって利用のしやすさと言うのが変わってくるものです。なお、マンションの駐車場の場合ですと、機械式のことが多いですが、同じ機械式であってもどの位置を利用するかによって生活のしやすさと言うのがかなり変わってきます。例えば、機械式駐車場の一番上の段が自分が車をとめるスペースだとします。

地下に車が収納されいるタイプの場合ですと、一番上の段は地上部分にあたりますから、非常にスピーディーな移動が可能になります。出掛ける時はもちろんのこと、帰ってきた時にもすぐに入れることができてとても便利です。自分が車に乗ろうと思った時に、先に誰かが使っていると言うこともゼロではありませんが、マンションの規模や活動時間によっては、ほとんど被ることはありません。駐車場を動かす作業と言うのは、基本的には大した時間ではありませんが、毎日車を使用する人にとっては、トータル的な考え方をするとかなりの時間になるものです。

また、上げたり下げたりする作業と言うのは、単に時間がかかるだけでなく、雨の日や雪の日にはかなり面倒なものです。一番上の段と言うのは、操作時間が発生することは基本的にありませんから、こういった苦労がなくて良いものです。ただ、防犯面では防犯カメラが設置されていたとしても完全に安心はできないでしょうから、車の中に高価な物や大事な物を置いたままにしないことが大切です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする