駐車場経営につきものの管理の大変さと業務委託

駐車場経営は小さな土地であっても始められることや少ない初期投資で経営できることから近年注目されている賃貸経営の方法です。定期駐車場やコインパーキング等のいくつかの業態を考えることができるため、立地条件に応じて適切なものを選択することができます。一台あたりの収入額を考えるとあまり高くはないというのがデメリットではあるものの、賃貸経営を始める上での気軽さを考えると資産運用を考え始めた賃貸経営の初心者にとってはまずは始めてみやすい選択肢となっています。しかし、実際に賃貸経営を行ってみると管理にかなりの労力を要するということに苦労する場合が少なくありません。

駐車場の利用者のマナーは決して良いものとは言えないことが多いからです。特にコインパーキングの場合には一時的な利用しかしないということもあってゴミを放置して帰ってしまう人もいれば、待ち合わせのために煙草を吸ったり飲み物を飲んだりして、隣接する施設に投げ込んでしまったりする人もいます。マナーを守るようにお願いする看板を設置したりして対処を行ってもなかなか完璧には浸透しません。そのゴミ掃除とトラブル対応に追われてしまって苦労する可能性があるのです。

そういった労力を軽減して少ないストレスで経営を行っていくというのが賃貸経営を長続きさせるためのコツであり、できる限りの業務を専門業者に委託してしまうのがよい方法です。専門業者による対応は第三者によるものになることから特にトラブル対策には有用性が高く、考慮すべき選択肢と言えるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする